相田たんす店ロゴ
東京桐たんすロゴspace.gif(43 byte)

東京桐タンス直販
HOME 桐タンス金具 古タンス読本・ ○. 蘇 る へ

 

 
 
---

桐タンス金具 古タンスのカビ・黒ズミ対策

<

桐タンス金具カビは梅雨前に直しましょう!

梅雨時には、扉の内側やタンス内部のお盆等に、カビが生えてきたというお客様からの、 お問い合わせをいただきます。カビの除去には薬品処理をしますが、中のお着物に影響が無いよう細心の注意が必要です。防カビ剤もありますが、桐箪笥の場合虫干しが一番有効でしょう。 
また油単を着けた箪笥は表面の扉や引き出し、台輪にも細かいカビの黒い斑点が出てきている場合があり、この時期は特にお問い合わせが多くなります。
どうしても大事なお着物等を入れている場合には、箪笥のカビが気になるところだと思います。

通常の桐タンスですと、そのような事は考えられませんが、長年お使いのものは、背中板 の部分や底板にひび割れが入り、そこから湿気った床や風通しの悪いタンス背面の壁の湿気が 入って来て、たんすの内部カビが生えてくることがあります。

桐タンスのカビの対策としては、穴を塞ぐしかありませんが、そこまでタンスが古くなっている場合は、各部の ガタが出始めている頃ですので、一度完璧に治すことをお勧め致します。
当店で表面を炭化させ、砥粉も時代仕上げで焼き固めますので、カビも死滅してしまいますから安心です。

傷んだまま、隙間のある桐タンスは梅雨に入る前に直してしまいましょう。
そのまま梅雨を乗り切ると、中の着物にダメージを与えてしまいます。
晴れた日には陰干しをし、その間に直しておけば、安心して梅雨を迎える事が出来ます。 当店では数々のカビ対策のノウハウがありますので、手遅れにならないうちにぜひ早めにご要望くださいませ。

桐タンス金具漂白剤の使用はダメ。


よく一生懸命漂白剤で桐タンスの内部を洗っている(桐タンスの洗い)業者さんが居ますが、漂白剤が桐材に浸透して寿命を縮めてしまいます。
桐タンスの外側は新品同様にキレイになったのに、桐タンスの洗いなのに引き出しやお盆の中は黒いままですねと言われる事がありますが、 実際は固く絞った布巾で何度も拭いて汚れを落としています。

漂白剤を使うと真っ白になりますが、薬剤が桐の導管に入って桐材を芯から痛め、寿命を縮めてしまいます。
また中に入れる着物にも影響を与えてしまいますので気をつけましょう。


桐たんす画像

桐タンス金具 桐タンスの時代仕上げ・金具等


桐タンスリフォームでは全て時代仕上げと言う、お琴の仕上げと同じく、桐材を焼いて砥の粉を焼き付ける工法を採用しています。
時代仕上げ専門の仕上げ屋に出すため、自分で砥の粉をお湯でといで刷毛塗りするより、 コストが掛かりますが、焼き付けなので風化しにくく長持ちします。
新しいタンスですと、木に油分も残っているため水にも強いのですが、何十年もたった桐は、油分が抜けてきていますので、特にこの仕上げが向いており、仕上がりも木目が際立ってより美しくなります。
洋間にも合う茶色のシックなウレタン仕上げもございますのでご要望ください。

金具も新しいタンスに付けるものと同じく、最高級手仕上げの3重メッキですから、長年の使用でも剥げたりしません。


手の痕跡があるから、愛着が湧き永遠に愛せるモノとなります。
手作りの良さ、暖かさ、温もりを感じるのです。
手の痕跡がかもしだす美しさは、時を経るごとに、ますます私たちの心を揺さぶります。
それは直したタンスに残った懐かしい傷跡にも感じられる事です。

桐タンス金具 お問い合わせ・無料カタログ請求をお待ちしております。

TEL 03-5821-3114

 

桐たんす製造工程
 
 
---

桐タンス金具 長年の使用で痛む所


一棹二棹真っ黒になった、古い桐タンスがあるご家庭は多いと思います。
色々ガタが来て、気にはなっていてもなかなか直せず、そのままになってしまっているようです。
桐タンスはあくまで収納のための道具です。たんす職人の手で完璧に直し、ガンガン使って元を取って下さい。

お金を掛ければ、新しいタンスを作っているのですから、幾らでも新品同様になります。コストを考えなければ、どんどん新しい桐材と差し替えてしまえばいいわけです。

当店で一番大事だと思っていることは、いかに安く桐タンスの性能を蘇らせるかです。
お客様の立場で、他の家具との価格差等を考えると、どうしてもご予算が決まってしまいます。

その予算の範囲内で、いかに新品同様な外見と精度を取り戻せるかが、職人の腕の見せ所でもあるわけです。
機械化が難しく、何百もの手間がかかる為、決して儲かる仕事ではありません。
派手に宣伝をしている業者等は疑って掛かるべきだと思います。

桐タンス金具熟練のタンス職人が治します。

古タンスの痛み方としては、背中に割れが入ったり、引出しの底板の一部が取れたり、全体にガタが出て、引き出しがちゃんと閉まらなくなったりすることが多いと思います。
背中が割れてしまうと、背中に溜まった埃を引き出 しの開け閉めによるピストン効果で、中に吸い込んでしまう事があります。

その対策 として割れ目にガムテープ等を張ってあることがありますが、こうしてしまうと確か に埃は入らなくなりますが、実際に直すときにガムテープがなかなか剥がれず、汚く なってしまうことがあります。

また引き出しの割れ目もガムテープ等を張ってしまうと、 接着剤の後がきれいに落ちずに、汚れがこびりついてしまい、やっかいです。


桐タンス金具桐タンスには職人技が必要です。


引き出しの底板の剥がれをガムテープで直す事も、実際にはがして直しても、動きが スムーズに行きませんので、これもやめたほうが良いです。
釘を打って直しても、うまく打てなかったり、出っ張った釘の頭で、底板を削ってしまう事 がありますので、これもお勧めしません。

桐タンス金具 まとめ カビは梅雨前に直しましょう!


カビの除去には薬品処理をしますが、お着物に影響が無いよう注意が必要です。
桐箪笥の場合は虫干しが一番有効です。
  油単は湿気ますので外してください。

背中板、底板にひび割れが入り、そこから湿気が入って来て、たんすの内部カビが
生えてくることがあります。
傷んだまま、隙間のある桐タンスは梅雨に入る前に手遅れにならないうちにぜひ早めに
ご要望ください。
数々のカビ対策のノウハウがあります。

漂白剤は桐材に浸透して寿命を縮め、着物にも影響を与えてしまいますので気をつけてください。

桐たんす画像
桐タンスの時代仕上げ・金具等

桐タンスリフォームでは桐材を焼いて砥の粉を焼き付ける工法を採用しています。
コストが掛かりますが、焼き付けなので風化しにくく長持ちで、桐の木目が際立って
より美しく仕上がりです。
洋間にも合う茶色のシックなウレタン仕上げもございます。

長年の使用で痛むところ

 

背中に割れが入ったり、引出しの底板の一部が取れたり、全体にガタが出て、
引き出しがちゃんと閉まらなくなったりします。
桐タンスはあくまで収納のための道具で、治すことを前提に造られています。

たんす職人の手で完璧に直し、ガンガン使って元を取りましょう。
安い予算の範囲内で、いかに新品同様な外見と精度を取り戻せるかが、職人の腕の
見せ所です。熟練のタンス職人が治しますので安心です。

HOME 桐タンス金具 古タンス読本・ ○. 蘇 る へ

ページ上へ


HOME  ▼ 1.魅 力   ▼ 2.Q&A.INDX集     ▼ 4.お知らせ

▼ 5.タンス・ギャラリー   ▼ 6.桐タンス読本  ▼ 7.コラム集  ▼ 8.サイト集

相田タンス店紹介ページへ
東京都伝統工芸品指定店
〒101-0024 東京都千代田区神田和泉町1-3-8 
TEL 03-5821-3114/03-3866-1095 
FAX 03-3866-0835 
午前9時より午後9時まで営業・年中無休 
地   図 
桐タンス金具 お問い合わせ・カタログ請求はこちらへ宜しくお願いします。
相田たんす店ロゴ
東京桐たんすロゴspace.gif(43 byte)